FCフエンテ東久留米について

FC.フエンテ東久留米は、東久留米市を中心に北多摩地域で活動しているサッカー選手の中から特に優秀な選手を選抜し、将来Jリーグに参戦すると言う目標を掲げて2003年11月に結成されました。

 

運営は東久留米市サッカー協会のバックアップにより行われ、東久留米市・東久留米市体育協会の協力を頂き、主に東久留米市スポーツセンターをはじめ市内中高学校のグランドで活動しております。

 

現在は東京都社会人1部リーグに所属しておりますが、リーグ優勝を重ね関東リーグ2部→関東リーグ1部→JFL→J3リーグを目指し、地域に根ざしたサッカークラブとして成長して行きたいと考えておりますので皆様の熱い応援を宜しくお願い致します。

 

 

カフリンガ東久留米について

橋田桂二を中心に東京都フットサルリーグ1部に所属していた『ゴラッソ サッカーショップ ジョゴ』と、垣本右近を中心にマガジン杯などで無類の強さを誇っていた『FC.VENGA』の有志が集まり、2005年に『CAFURINGA』を結成する。

「関東フットサルリーグ昇格」、そして「関東フットサルリーグで優勝」を目標に、小平市にある『トライ フットボールフィールド』で練習をしながら東京都フットサルリーグ1部に参戦する。メンバーの大半が会社員だったので練習は週に一回だけ。家庭・仕事を優先するのは当時からチームの決まり事でした。

結成時に中心メンバーが20代後半というオールドルーキーのチームですが、ここからカフリンガの歴史が始まったのです。